スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年04月19日

CST装備 その4

前回に続き今回は右側とその他小物について。

写真でもよく見えるこの部分。



■Eagle製SFLCS V2 グレネードポーチ



頼みの綱のebayも軒並み欠品で手に入れるまでかなり時間がかかってしまいました。
手に入れるまではEagle製のフラッシュグレネードポーチで代用しました。色はカーキ(KH)です。

みたところこの写真ではグレネードが入っていないようですね。

■M18スモークグレネード(RED)



色々なメーカーから出ているのでクオリティの良いものを手に入れたいですね。
ウェザリングをして写真のように文字が擦れた感じにするといいかもしれません。

スモークグレネードの上についている紐も自作しました。



黒いパラコードは計り売りしているショップもあるので買いやすいですね。
コードストッパーは手芸屋さんで売っていると思います。



■Eagle製SFLCS V2 メディカルポーチ



色はカーキ(KH)です。
写真のように赤十字が少し曲がって?書かれているのも再現してみました。

■AUSTRIALPIN カラビナ



クライミングなどをする予定はないのですが良いものを選びました。
上の隊員はここに紐を通してデジカメを付けてますね。

カメラはCanon PowerShot D10のようです。



いくつか候補があったのですが裏をみたら写真のまんまですね。
耐水・耐衝撃・耐寒性能とのことでCST隊員が使っていてもおかしくないスペックです。

■BLACKHAWK製 レッグホルスター



上のCST隊員はBlackHawk製LEVEL 2 CQCホルスターQDアタッチメントそしてレッグパネルを使用しているようです。



残念ながらHRには間に合いませんでしたが後日装備してイベントに参加しました。
BlackHawkのレプリカは幅広く販売されているようなのでそちらで集めてもいいかもしれません。



装備して写真を撮ってみました。




個人的にはすごい満足いく仕上がりになりました。
結果プレキャリの総重量は8kgを超えてしまいました。
そこに銃などをプラスするとかなり重く感じます。

イベントや撮影などでの着用なら問題ないのですがこれを装備して1日サバゲーをして走り回ると足腰にきます・・・。
装備しているときに初めて買った銃のことを思い出しました。

電動ガンを初めて買って持ったとき最初は重くて持つのが大変だったのですが次第に慣れて今では軽く感じます。
この装備もそうやって少しずつ慣らしていきたいと思います。

知識がない分特定もかなり大変でしたし、販売数の少ない装備品を購入して集めるのも苦労しました。
ただ時間をかけてだんだんと出来上がっていく装備を見るのは楽しかったですし、実際に着て装備したときは本当に嬉しかったです。

ここまで1年と半年とかかりましたが私の大事なコレクションのひとつになりました。

長くなりましたが「あのCSTのお姉さん装備」についてのブログはここまでとさせていただきます。
また別の隊員の装備もブログにまとめていきたいです。

銃についてもまた次回、ブログに書きたいと思います。

なにかの参考になれば嬉しいです。
それでは!  


Posted by Ayu  at 20:43Comments(0)女性装備考察

2016年04月09日

CST装備 その3

前回の続きでポーチ類や小物ついて書いていきたいと思います。



■Eagle製SFLCS V2 ライトホルダー付アドミンポーチ

カラーはカーキ(KH)

Eagle製SFLCS V2ポーチは国内での入手がとても難しく海外でもあまり出回っていないので集めるのが難点です。



BLACKHAWKのハンドガンホルスターを胸につけている隊員もいます。
こちらは再現しやすいですね。

■IRフラッグパッチ(TAN)

リバースを貼っていたのでリバースを用意しました。

実物もレプリカも入手しやすいので1つ持っているといいかもしれません。

ピンクのパニッシャースカルパッチをつけていることもあるようです。



■GARMIN 301



ナイロンテープは短い方を使用します。
CST隊員と同じようにアドミンポーチのライトホルダーのゴム部分に通しました。


私が目指している隊員のGARMINは本体のロゴマークが右側(ボタンが上)になるようにセットアップしていたので同じようにしました。

GARMIN 301のレプリカは存在していないのですがGARMIN 101は存在しています。

ただGARMIN 301を装備している隊員はほとんどいないようです。
アドミンポーチのゴムの部分止血帯を通している隊員がいます。





止血帯NARP CAT(Combat Application Tourniquet)です。
比較的お求め安い金額で実物が手に入るかと思います。

黒ベルト(旧)白ベルト(新)があります。
写真だと判断しずらいのですが黒も白も使用例があるようです。

もちろんレプリカも数多く存在しているのでアクセントの1つとして持っているといいですね。

冒頭でご紹介したアドミンポーチやホルスターなどは使用せず止血帯を横に装備している隊員もいます。
V2のアドミンポーチやBLACKHAWKのホルスターなどより手が出しやすいかと思います。
アメリカの白いゴムや頑丈なミリタリーゴムでとめるとより良いと思います。

新品で購入すると綺麗に折りたたまれているのですが1度崩して折りたたむ長さを調節してゴムバンドで留めている隊員も多くみられます。


■ペースカウンター

購入したペースカウンターはミリフォトと少し違ったので少し手を加えました。
Vショーで500円くらいで購入しました。
パラコードとビーズを使って自作するのもいいですよね。



写真を見ると上4つが白下9つが黒ですね。
パラコードの長さも写真を見ながら短くしました。


白いビーズはスプレーで色をつけただけです。

■Eagle製トリプルマガジンポーチ




色はカーキ(KH)です。マガジンが6本収納できるのでサバゲーでの弾不足も心配ないですね。
こちらも手に入りやすいですしレプリカも存在します。

V2のトリプルマガジンポーチ(3本)を装備している方もいます。

トリプルマガジンポーチは用意しておきたいアイテムの1つですね。

次に左側のポーチを紹介します。

■Eagle製シングルマガジンポーチ



M9用シングルピストル マガジンポーチです。こちらも色はカーキ(KH)
実物も売っているところが多く価格も比較的手が出しやすいので集めやすいです。

■THALES MBITR  ラジオポーチ(UCP)







PRC-148とPRC-152が入ります。

私はTRISさん小型無線機が内臓できるものを使用しております。
サバゲーでは無線機をあまり使わないのですがHR(ハートロック)などでは使用することが多いので参加を検討されている方は内臓できるものを用意してもいいかもしれません。



有名なCST隊員、元チアリーダーのRachel Washburnさんも同じラジオポーチを装備していますね。

■Eagle製SFLCS V2 キャンティーンポーチ

キャンティーン、つまり水筒を入れるポーチです。





別角度から撮られた写真にこちらのキャンティーンポーチを使っている写真がありました。
写真を見た感じ、なにもものが入っていない又は少量のものを入れているのかかなりスカスカのようでした。
水筒を入れるというより小物などを入れるポーチとして使用しているのかもしれません。。


HRは沢山歩くので水分補給は必須です。(トイレの問題などもありますが・・・)
私はペットボトルの水を入れて持ち歩きました。


今回は正面と右側のポーチの種類と配列はこんな感じです。
次回は右側とその他小物について書きたいと思います。

なにかの参考になれば嬉しいです。
それでは!  


Posted by Ayu  at 00:28Comments(0)女性装備考察

2016年03月09日

CST装備 その2

前回の続きです。
CST装備(HEART ROCK編) その1

この方ベースで組んでいきました。


アーマー
Eagle MBAV
カラーはKH(カーキ)です。
サイズはS/ML/XLの2種類存在しているのですが私はS/Mを使用しています。



MBAVは陸・海・空すべての特殊部隊で使用例があり特に放出品は価格も高騰していて入手困難だそうです。私もなかなか入手できず譲っていただいた民生品を使用しています。

調べたところFlyyeからPC plate Carrierという名前でレプリカが出ているようです。
カラーもKH(カーキ)があるので比較的集めやすいですね。
(サイズ感は不明なので購入前に試着ができたらいいかもしれません)


S/Mサイズですが私はギリギリまでサイズを小さくして装備しています。
細身の方だとウエスト周りや肩周りが緩く感じると思います。


アクセサリー

EAGLE MSAPショルダーパット




写真の隊員はショルダーパットを取り付けています。
他の隊員もショルダーパットをつけている方の写真を多く見ますがつけていない方もいらっしゃるのでなしのスタイルでもかっこいいかと思います。



CAMELBAK AMBUSH


このハイドレーションを探しているときすごい似ていると思ったのがこちら。


こちらは海兵隊で使用されているUSMC HYDRATION CARRIERというもの。
ベルクロの位置やポーチ、チャックの位置などがとても似ています。

海兵隊で使用されてるものですしベルクロの下にタグのようなものがないので海兵隊装備に詳しい友人に聞いてみたところこれと同タイプの民生品があると聞きCAMELBAK AMBUSHにたどり着きました。






給水口もとても似ているので背中はCAMELBAK AMBUSHにしました。


カラーはコヨーテです。放出品が販売されていたのでそちらを購入しました。


ホースの位置をからへ回します。


グリムロックを4つ用意してハイドレーションの四つ角のループに通します。


位置を決めてMBAVと合体。
背負い紐を中に入れて見えないようにしました。




THALES ブレードアンテナ



THALESのブレードアンテナは実物も比較的手に入りやすいですがレプリカも多数出回っているので集めやすいかと思います。


後ろはこんな感じでまとめました。

他の隊員は別のハイドレーションだったりバックパックを背負っていたりそもそも背中の装備をつけていない方もいらっしゃるようでした。
しかし、背中の写真ってあまり出回らないので再現するのも大変ですね・・

個性をつけたり派遣先の男性隊員の背中を参考に組んでみても面白いと思います。


次回はMBAVに取り付けたポーチやアクセサリーについて書いていきたいと思います。
それでは!

  


Posted by Ayu  at 17:35Comments(2)女性装備考察

2016年02月27日

CST装備 その1

時間が空いてしまいましたがハートロック(以下HR)で私の装備をご紹介したいと思います。
まだまだ集め途中なものもありますが何かの参考になると嬉しいです。



細かく説明していくと長くなってしまいそうなのでいくつかに記事をわけてお届けしたいと思います。



とても有名なこちらの写真。今回こちらのCST隊員の装備を目標に集めていきました。
男性隊員たちと並んでいる写真をみても背丈がかなりあるように見受けられます。

服装
CST隊員は被服について色々なパターンが存在しているようです。
MASSIF製のコンシャツや女性用カミース。
Tシャツや長袖シャツ・BDUなどのパターンをその時の気分や天候などで変えてもいいですね。


今回のHRはCrye製ACコンバットシャツで参加しました。

私の着用サイズはXS-Sです。
サイズ感は悪くはないですが1番小さいXS-Sでも腕周りのもたつきが気になりました。
写真のように腕まくりをして着るともたついた感じも出ないので私はずっと腕まくりをしていました。

今回のHRではCryeのコンシャツを装備しましたがCSTはMASSIFのコンシャツを着ている写真がかなり多いです。
上の隊員はCryeとMASSIFの両方を使い分けているようでした。

使用例もあり小さいサイズも手に入りやすいMASSIFのコンシャツもいいですね。



パンツは陸軍放出品のBDUパンツです。
CSTの使用例もかなりありますし非常に手に入れやすいので1本は持っててもいいかと思います。
私の目指す装備の女性隊員も着用していますね。

着用サイズひとつでイメージも変わるので自分に合ったサイズを入手します。
女性の装備サイズについて(BDUパンツ編)





MERRELLのMOAB を使用しているようです。



私はオッター/オレンジを所持しています。
足の幅などがぴったりなので色々履いてきた中でもお気に入りの一足です。

今回のHRの会場は舗装された道路を長時間歩くとことが多かったのですが足が痛くなりませんでした。
普段のサバゲーでも使っているのですが不便は感じません。
ただ土砂降りになった帰り道は少し滑りやすかったので雨が降ったら足元には注意しましょう。

こちらのCST隊員のMOABなのですが・・・


どうやらハイカットでカラーはグレー/ペリウィンクルのようですね。
MOABは色々な種類が出ていて性能が違うだけで形はほぼ一緒ということで・・・。

「Moab Mid GORE-TEX」

「Moab Mid Waterproof」



赤丸で囲ったプレートの文字が見える写真がどこを探してもみつからないので断定はできないのですが紐の色を見た感じだとMoab Mid GORE-TEXのグレー/ペリウィンクルが濃厚でしょうか・・・。



私も買いなおして色を合わせてみました。
この写真は買ったばかりで綺麗ですが今では砂で大変汚いです。



グローブ



HWIのArmy Combat Glove
色はセージ。
ブラックやコヨーテ、マルチカムなどもあるようです。
山羊革を使用していてやわらかく手にフィットします。

私はExtra Smallと1番小さいサイズを使用。



革なので使い込めば黒ずんでくるようです。
濡れても革の部分が黒っぽく変色します。(乾いたら元に戻る)




その他

腕には時計やパラコードブレスレット、髪ゴムやビーズのアクセサリーを身につけているようです。
女性らしく色々身に着けてみるのもいいですね。

帽子

ARMYキャップ


私が所持しているのはRAPID DOMINANCEから出ているオフィシャルアイテム。
CST隊員との違いは左側のワッペン有無と「1775」の文字の色が微妙に違います。

髪の長い女性に嬉しいのがこの部分。
適当に丸めた髪の毛を通すとかっこいいですね。



今回は以上です。
次回はプレキャリとその他小物について書きたいと思います。


  


Posted by Ayu  at 02:14Comments(0)装備女性装備考察

2015年12月26日

第3回 終末系装備サバゲー 参加レポート




先月行われた「第2回 終末系装備サバゲーに参加しました。
第1回 終末系装備サバゲーの様子

主催の岬君。




今回は参加人数に制限があり小さいチームをたくさん作りゲームしていきます。


午前中を使って「補給物資争奪戦」を行いました。
あらかじめ受付と同時にペットボトルの水を1人1本を渡されてこちらの水を敵に奪われないようにするというゲームです。

持てるだけの銃BB弾をもって朝から昼までフィールドで戦います。
倒されたら「手に持っている」水ボトルをドロップし落ちている水ボトルを集め、チームでの合計数競います。

このゲームがけっこう面白くて相手チームとの駆け引き裏切り、水を一箇所に集めて篭城したり
拠点を作って隠したり・・・。

ゲーム終了の合図の時点で水ボトルは携帯していないと「所持品扱い」にならないので
バックパックに集めて守ったり、物資がないチームは駆けずり回って探したりと「終末」さながらなゲームができました。

ゲームのルールはブログで確認していたのでチームメイトと作戦会議を設けました。


水ボトルを所持しているチームは守りつつ新たな物資を探しに・・・


水ボトルを所持していないチームは制限時間内に探して集めなくてはいけません・・・


「水持ってる?どこが1番持ってると思う?」
「え?持ってないよ。黄色チームがいっぱい持ってると思う」

などなど敵同士の駆け引きもチラホラ・・・



ゲームをしながら・・「終着駅」を目指したり。(The Walking Deadより)


篭城だけでなく敵を倒しつつ水ボトルを探す生存者がたくさんいます。






通勤途中の世界の終末に見舞われたスーツのお兄ちゃんが・・・


M4片手に戦う姿は色々な物語を想像させますね。



優勝は私達のチームでした。

女性3人男性4人のチームだったのですが拠点を作り水ボトルを隠したり見つかりにくいところに移動させたりと事前の作戦会議がよかったのかもしれません。

女性3名というのは私とサバゲ仲間のやんちゃんとせっちゃん。


事前にそれっぽい海外のお菓子を買って地図と銃を片手に女子会?



お昼は缶詰パーティも行いました。
各々缶詰や簡易食料を持参して食べたりするのもこういったイベントならではだと思いました。



火薬鉄砲も撃たれたな・・・って思ったらHITです。



友人がペスト医師で参加したのはすごい驚きました。
手作りの装備も凝っていて素晴らしかったです。


第3回 終末系装備サバゲーが決定しております。
イベントサバゲー支部

もう今週末なのですが数名、空きもあるそうなのでよかったら一緒に遊びましょう!




次回は私の装備について書きたいと思います!




それでは!ありがとうございました。


  


Posted by Ayu  at 00:03Comments(0)参加レポート

2015年11月29日

コンバットマガジン 1月号

11月27日発売のコンバットマガジン1月号が発売されましたがご覧になってくださった方はいるでしょうか・・・?




今回、コンバットマガジンの「THE CLONE」という特集にCST装備で掲載していただきました!



※内容はモザイク処理しております。


見開きを含めP22~P27となんとも豪華なページ!!
発売された本を見て私も驚きました。



お話をいただいたときはコンマガに女の私が!?いやいや、無理でしょう!という感じでした。
しかしせっかくいただいたお話ですしなによりCSTという部隊についてこうやって掲載されることはとても貴重なことだと思い二つ返事でお受けした次第であります。



CSTの着こなしは様々なのですが今回はカミースシャツにMBAVという形になりました。
これは元ネタもありますし女性らしさがかなり引き出せる装備だと思います。


緊張しっぱなしで顔はひきつりってしまい目はしかめっつら。
当日はライターさんやカメラマンさんだけでなく編集長さんまでお見えになるということでさらに緊張!

前日はおろおろしてなかなか寝付けず望んだ撮影だったのでした・・・。

友人から「Ayuさん!クマひどいよ!!」と言われるほどモデルは良くありませんが一生懸命集めたものがこうして形になりこんな素晴らしい舞台で披露できることは本当にありがたいことだと思いました。


お肌の曲がり角をすでに曲がりきったお年頃なのですが実は少しでも・・・少しでも良く見えるよう前日、少しお高めの美容パックも施したりしました。

私服も載せるとのことで気合を入れて冠婚葬祭用の良いネックレスをしていったりしましたが当日友人から「Ayu、今日の私服どうしたの?」と言われる始末で。


しかしながら本当に貴重な経験をさせていただいたなあという感じです。



発売日に書店へ行ったのですがなかなか見つからず5軒目でようやく1冊Getできました。
友人達から聞きましたがコンマガが売り切れる書店も多いそうなので見つけた方はお手にとっていただけると嬉しいです。

そして私の顔出し写真に笑ってくれると出したかいがあったもんです!
ブログ同様、誰かの参考になると本当に嬉しく思います。


それでは今日はここまで。
ありがとうございました。  


Posted by Ayu  at 23:41Comments(0)その他

2015年11月28日

ギアログファイナル 参加レポート


写真:ナイビス

装備好きによる装備好きが集まる一大イベント。
ギアログ」に最後の日がやってまいりました。

主催のmorizoさんから(ブログ東京装備BAKA)以前、ギアログは5回目あたりで終わらせようと思う。と聞いてこの日がいつかやってくるのではないかと・・。

ギアログファイナルは「皆さんにお会いしたい!早く来て!」という気持ちと「終わってしまったら悲しい・・この日が来ないで欲しい!」という気持ちでなんだか複雑な感じがしました。


私も参加されたみなさんも天気予報に釘付けだったかと思います。
予報は的中・・この日はあいにくの雨でした。



しかし土砂降りの中多くの装備好き・・・いや装備BAKA達が集まりました。

今回のチームわけはこちら。





私はHR以来とてもお世話になっているODAのみなさんと離れ、Aチームに。
チーム全体の隊長は「岬くん」(ブログ趣味とロマンとカラシニコフ

私のよく遊ぶメンバーの隊長でもあるのですがまさかAチームの代表になるとは・・・!!

今回このチームの画像を見てとても感動したのが「CST」という枠を設けていただいたこと。
これは本当に嬉しかったです。

同じチームにMARSOCがいるので今回はウッドランドを着てみました。
MARSOC派遣のCST装備も素敵ですよねえ。
いつかチャレンジしてみたい装備の1つだったりします。


アフガニスタン製のシャツとショールとの色の相性もとてもよかったのでまた着たいと思います。


写真:ミリタリーブログ

ギアログの良いところのひとつ出会った人と久しぶりにまた会える!ということです。
HRのときに毎回お世話になっているODAの方々も久しぶりにお会いできました!
いつもは味方で本当に頼もしい方たちなのですが敵に回るとかなりの強敵です・・・!

前回お写真を撮ってくださったディファレントさん(ブログ軍装日誌)にもお会いできました。
遠方から来られていてお土産までいただきました。


そして前回のギアログも奥様やお子さんたちとご一緒に参加されましたHARUMAGEDONさん(ブログ海豹になりたい海馬!
ご家族で遠方から来られていまして私が酒好きと知ってお土産をいただきました。


私は気が利かなくてお子様たちに持参したキットカットを配ることしかできませんでした・・。
次回はこちらの名産品でもお渡しできたらなあと思います。




そしてギアログでの出会いもたくさんあるのもいいですよね。

そのうちのお一人がタングステンさん(ブログカッコから入る戦場)です。

写真:ナイビス

私のブログを読んでいると声をかけてくれました。
同じミリブロガーなのでミリブロあるある?トークがとても楽しかったです。
気さくな方で色々話しかけてくださったのでとても嬉しかったです。

ギアログテトラでお会いしたデコリンさん(ブログデコリン奮闘記

今回は一緒にお写真も撮っていただきました!
MARSOC装備をされている女性なのですが装備もとってもかっこいい!
女性が装備を着こなすにあたって「背が小さい」というのがネックになったりするのですが背丈の小ささを感じさせない着こなしが素敵でした。


写真:ひでろー
デコリンさん 中央あさみちゃん


写真撮影もかなり盛り上がっていました。
同じ部隊がたくさん集まって写真を撮るのもギアログの楽しみ方の1つだと思います。

写真:沙霧


写真:ナイビス


写真:ひでろー


写真:ナイビス



そしてゲームの時間になるころに雨が完全に止みました!
日が差すほどの天気になり朝の雨が嘘だったかのようです。

さて、ゲームなのですが今回は総当たり戦。
ギアログは装備好きがただ集まるだけでなくサバゲーもがっつり行います。


写真:ミリタリーブログ

予定通り総当り戦で順次ゲームを行っていくのですがファイナルにして不思議な現象がおきました。

例えば・・・
私は初戦で攻められまくってこれは勝てん!!と思っていたのですが・・・
同じチームの友人は予定ポイントに押し込めることができた!いい結果だったんじゃない?と言います。

・・・あれ・・?
すごい攻め込まれていた気がするのだけど・・・。
他のチームとの戦いでも意見が食い違いました。



私は今回特に強いと思ったのがDチームでした。

優勝間違いないと思っていてDチームの友人に「Dチームめっちゃ強すぎない?」と声をかけたら「何言ってるの?めっちゃ攻められてたけど・・・」と。。


フィールドの作りや立ち回りで意見が分かれていたみたいです。



私のいるところ(例えばヘスコ側)は攻め込まれて劣勢でも他の場所(市街地側)では攻め込んでいて優勢であった・・ということです。

これは私たちだけでなくほかのチームも同様に起きていたそうでどこが優勝だかさっぱりわからない状態でした。


写真:ナイビス

これにより四つ巴戦の隊長同士の共闘作戦も大混乱だったようです。
しかし隊長はBチームが1番優勝に近いだろうと考えてBチームと共闘するフリをして裏切るという作戦をCチーム・Dチームと交わしたそうです。

私は「え?Bチームなの?Dチームが優勝に近いんじゃ・・・」と四つ巴戦の時もずっと思っていましたがここは素直に隊長に従い戦いました。


四つ巴戦はまさに大混乱!!

上からは降り注ぐ航空支援のBB弾の荒らし。
新しく設置されたミサイル迎撃システムが壊れる大きな音!
横からはどこのチームが裏切ったのか分からず情報がバラバラ・・・。
誰を信じて誰を撃てばいいのか分からない状態でした。

あさみちゃんとLE装備の女性達と比較的安全なところで「一体どうなってるんでしょう?」と右往左往しておりました。

最終的にA・Cチームと最終共闘を結んでB・Dチームと戦う形になったと隊長自ら伝達にきたのですが・・・

んんん??
そこにいるの敵のはずのDチームじゃないの・・・?

敵だと言われていたDチームが「大丈夫?あそこに敵いるよ!」
「Bチーム一緒にやりましょう!」と声かけてまわっているんですが・・・!!

またもや大混乱で幕が下りたのでした。

仲間の女性陣と共闘を組んでいるCチームもいつこちらに撃ってくるかわからないからこわいね・・って話をしていたのですが結果はCチームが私たちを裏切ることはなく最後まで共に戦ってくれた姿にはとても感動しました!



私は最後まで結果がさっぱり予想できませんでした。
私のように結果が発表されるまで分からなかった方も少なかったと思います。


結果は・・・






Aチーム優勝!!

隊長も寸前まで負けると思っていたみたいですね。
同じく負けているかもと思っている人が多かったみたいでガッツポーズと歓喜の声が響きました!


パッチが発表されたときそのセンスの良さに「欲しい!!!」と思わず声を上げたのですがまさか手に入れることができるとは・・!ギアログでは負け続きだったのでとても嬉しかったです。

Aチームのみなさんお疲れ様でした!!
かなり団結してましたよね!

そして隊長もお疲れ様!!
Bチームの隊長ブログとAチームの隊長ブログを読み合わせたらすごい心理戦を繰り広げていたみたですね!



そしてCチームのみなさんも最後の四つ巴戦、ありがとうございました。



そしてギアログファイナルTシャツ&タオル2枚もお土産で購入しました。
テトラTシャツももったいなくて着れないでいるんですがせっかくなので来年暖かくなったらがんがん着たいと思います。




開会式でmorizoさんが男泣きしているところに心打たれてなぜか私まで泣いてました。
歳をとると涙腺が緩んで釣られ泣きしてしまうんですね。

最後に。
私はギアログに出会って装備人生が大きく変わりました。
HR初参加の出会いがギアログでさらに大きなものとなりそこでの出会いが私の装備に対する意識を向上させたのだと思っています。これの気持ちをこれからも大切にし新しい出会いに喜びを感じたいと思います。

morizoさん。
MMR-Zのみなさん。
ギアログありがとう!!!!




長くなりましたが今日はここまで。
読んでいただきありがとうございました。


装備についてはまとめていますので後日、ブログにてご報告したいと思います。  


Posted by Ayu  at 21:52Comments(0)参加レポート

2015年09月22日

HEART ROCK 6th

2015年今年もあの一大イベントがやってまいりました!
6回目となるHEART ROCK(ハートロック)!!

私は2回目の参加になります。
今回も特殊部隊枠「CST」でODAとご一緒させていただきました。

場所は軽井沢某所。
私の家からは高速であっというまでしたので渋滞もなく前回の山梨よりは楽に行くことができました。

1日目は今回、いつもサバゲーで遊んでもらってる友人達が新規で参加したり以前参加経験のあった友人が再び参加したりと6名で楽しくキャンプすることになりました。


photo by ナイビス

ちなみに海兵隊3名・デルタ1名・ANAコマ1名・CST1名・ゲリラ側1名と所属ばらばらの少し異色なキャンプ!
前日に親父にキャンプ道具一式を借りてきて端の方でひっそりと設営。
友人達が手伝ってくれたので私は早々に一杯いただきました!


photo by ナイビス

軽井沢のキャンプは夜はきっと寒い!
そして雨が心配!
・・ということでテントだけではなく念のためタープやBBQコンロ・炭なども持参したのですがこれが大正解でした。
ランタンが壊れていたので薄暗いことを除けばかなり過ごしやすいキャンプになりました。


photo by ナイビス

前回、他の方のキャンプにお邪魔させていただき今回も図々しくお邪魔しようと思ったのですが
最近めっぽう夜が苦手となってしまった私は酒と飯を平らげていつの間に寝ていました・・。


そして2日目今年のODAは人数も多く1チームして任務を遂行します!



ハンヴィーと一緒に軍行という滅多に出来ない経験も。
HUMMERオーナー様、本当にありがとうございました。H1最高!大好きっす!!!!

ODAには空軍からCCT2名、陸軍から私CST、現地からはANAコマが派遣されました。

ODAの部隊長はROUTEさん(中央)


今回初の部隊長とのことで本当にお疲れ様でした!

軽井沢のフィールドは平坦な道が多くかなり歩きやすい印象をうけました。

photo by ディファレントさん

整備された道は車やバイクにとってもいい条件なので多くの乗り物をみかけました。


空軍は空から支援!車ですが設定は「ヘリ」です。


photo by ディファレントさん

ゲリラ側はバイクもたくさん動員していました。

photo by ディファレントさん

photo by ディファレントさん

それこんなものも・・・


これはとてもいいアイディアですよね。
すごいスピードで私のところにやってきてくれたときなんかちょっと嬉しく感じてしまった機械仕掛けのヤギ。

今回のハートロックは女性の参加者もたくさん見かけました!


photo by ディファレントさん

photo by ディファレントさん

photo by ディファレントさん

私が疲れでぐったりしていたら空軍の女性兵士の方から薬風のチョコレートをくださいました!私は持っていた男梅キャンディーをお渡ししたのですがもうちょっと気の効いたものを持参すればよかったと後悔しました。
疲れた心にチョコレートが染み本当においしかったです。ありがとうございました。

他にも女性の参加者がいらっしゃり各部隊の士気をあげているようでした。
女性の参加者の方は男性には出せない格好良さやがありますね。
私が華かどうかはかなり疑問なところですが・・・他の女性参加者の方のように咲き誇りたいものです。


いつもお世話になっているエイトボール商会の社長さん!
私に構ってくれたり拉致ってくれたり気にかけてくださりとても嬉しかったです。


海兵隊は前回同様、素晴らしい行進をみせてくれました。


陸一般のキャンプは今回も完成度が高く素晴らしい!
写真に少し写りこむだけで雰囲気が出ますね。設営、ありがとうございます。

photo by ディファレントさん

ゲリラ側がいるから私たちが楽しく過ごせるといっても過言ではありません。
今回はCQBエリアと森エリアとフィールドが離れていたのでゲリラ側の勢力も二分していたと思いますがちょうど良い塩梅でゲリラ側の皆さんと出会うことができました。ありがとうございます。

私もいつかゲリラ側で参加してみたいですね。

photo by ディファレントさん

今回、 PRESS装備のディファさんが同行してくださいました。お写真のほとんどはディファさんが撮ってくださったものです。
毎度、自分の写真を撮り忘れたり少なかったりで後悔することが多かったのですが今回はたくさん撮ってくださりブログ更新にも使わせていただきました。遠方からのご参加だったそうで本当にありがとうございました。


さて私たちの部隊は偵察が主な仕事でした。



photo by ディファレントさん
ANAコマとODAのポイントマンを先頭にゲリラの村を探したり道行く現地人に話しかけたりしました。

こちらの1枚はハンヴィーの後ろ苦労して乗って撮った1枚。
座る位置が高いので介助がないと座れません。
でもご満悦な私。こういう写真を撮れるのはかなり貴重ですよね。

photo by ディファレントさん

足の長い2人はささっと乗ってしまい横目で羨ましい目で見ていました。
やはり男性隊員とハンヴィー絵になりますね。
左:クミオさん
右:taroybmx

photo by ディファレントさん

ANAコマの岬くんと。
CSTとANAコマが写っている写真はCSTがだいたい笑顔なのですが一緒にANAコマの方は緊張か照れているのか真顔が多かったりします。この写真はいい意味で再現できていますね~。

photo by ディファレントさん

1年ぶりにお会いしたちゅうさんとは「今の女子高校生」のハートポーズで1枚!
このポーズ、若い子の中で流行っているらしいです。確かにハートにみえますね。
(写真の加工が10年前のプリクラみたいな加工ですがご了承ください)



ハートロックの写真は何気ない1枚も絵になりますね~。



最後はみんなで集合写真。


ご一緒していただきありがとうございました。
ご参加された皆さんお疲れ様でした!

来年も是非参加させていただきたいと思いました。
女性のCST隊員も募集中です!
気になる方、装備揃えてるよ!って方もし私と遊んでくださるならダイレクトメッセージお待ちしています~!

次回のブログ更新はハートロックの装備の説明をしたいと思います。

photo by けぃ。さん

最後になりますが運営の皆様に敬意と感謝を・・・・



それでは、ありがとうございました!
(全員に許可を取ることができなかったのですがもしお写真掲載NGの方がいらっしゃいましたら削除いたしますのでご報告お願いします。)  


Posted by Ayu  at 10:51Comments(3)参加レポート

2015年06月26日

[TP LABO製] IR USフラッグ

先日、中野のWARRIORSさんのブログをみていて「おっ!」と思ったものが。
それがこちらWARRIORS-1963「T.P.LABO製 IR USフラッグカラー入荷」

いつか買おうと思っていたものなのですが「今後同じものが作れなくなるかもしれない」とブログに書いてあり急いでWARRIORSさんへ。
なんの確認もせずに行ったのですが残念ながらこの日はすでに在庫切れ

次のロットを送ってもらう予定と聞いたので取り置きをお願いしました。

届いたパッチをみていたら友人が「実物持っているよ!」と言っていたのでせっかくなので比べてみました。

まずはT.P.LABO製のフラッグパッチ


表面に光沢がありツルッとしています。

そして実物


こちらも表面に光沢があります。
リフレクターの凹凸がよく見るとわかります。


並べた写真。


サイズの違いや色味もほぼ変わらないと思いました。
T.P LABOさんのパッチは質が良いと聞いていたのですが確かにいい感じ!

実際に触れば凹凸の有無で違いがわかるかと思いますが肩に貼っておくだけなのでこれで十分だと思いました。

私はその筋のプロではないのですがT.P LABOさんのブログをみたら六角形(ハニカム反射板)リフレクターの素材がどうやら絶版になってしまったみたいでWARRIORSさんのブログの通り次回から同じものが作れなくなってしまうかもしれません。

買おうと思っている方は在庫がある時に入手しておいた方がよさそうですね。

実は友人からWARRIORSさんに行くなら同じセットを「買ってきて~」を頼まれていたのですが自分の分しか買わないとミスをしてしまいまして。。

ちょうどそのころに某オークションでナイロンを落としたのですが凹凸ありのパッチをおまけで入れてくださったのでT.P LABOさんのを友人へこちらのいただいたものは自分で使いたいと思います。



それでは今日はここまで!
ありがとうございました。  


Posted by Ayu  at 23:37Comments(0)装備小物類

2015年06月18日

SUNNTO製 M9リストコンパス(モデルチェンジについて)

先日、NFDGさんゲーム会でご一緒した際、「SUNNTO(スント)のM9リストコンパスってモデルチェンジしたんだよ!」という話になり友人が最新Ver.を使っていたので写真を撮らせてもらいました。




どちらが新型かわかりますでしょうか・・?
文字盤が違いますね。



下の汚いのが私の所持している旧Ver.です。


調べたらWARRIORSさんのブログにもそのことが書いてありました。
WARRIORS-1900「マイナーチェンジ!スントM9 リストコンパス入荷」


モデルチェンジをしたのが最近なのでまだ旧Ver.が売ってたりします。
在庫がなくなるともしかしたらレア化するかも!?しれないので旧Ver.が欲しい方は見かけ次第Getした方がよさそうですね。

専門店ではない通販サイトでは旧Ver.の写真のままで最新Ver.が届いたりするそうなので旧Ver.を求めている方は確認したほうが確実だと思います。

サバゲー中、近距離で撃たれると割れたりするらしいので大事にしたいなと思います。

これからミリフォトも最新Ver.のM9リストコンパスでにぎわってくると思うと最新ver.も欲しいなと思う今日この頃でした。

それでは今日はここまで。
ありがとうございました。  


Posted by Ayu  at 21:09Comments(0)装備装備品紹介

2015年06月14日

AK 木製パーツ塗装(E&L製・LCT製)

先日、友人からAKの木製パーツの塗装を依頼されました。
久しぶりの依頼なのですがなんと2名の友人たちからほぼ同時で依頼があり「重なるときは重なるんだなぁ」と思いました。

今回、塗装したAKは・・・。

E&L製のAKM・・・こちらのカラーはおまかせとのことだったのでAKエクストリームでみたトレーナーのおじさんが持っていたAK風に。1度同じカラーを依頼されたことがあり古すぎず新しすぎないカラーが好評だったと聞いたのでこちらの色に決めました。

LCT製のAK74・・・世紀末系メトロ装備に合わせるAKなので古めかしいイメージ。
うちにあるAK74の塗装の雰囲気でとのことでした。

塗装は何度か挑戦していて過去の記事にいくつか詳しく書いてあるものもあったのでこれから塗装する方はそちらを参照に。

まずは木製パーツをホームセンターで売っている紙やすり ♯40でガシガシと削って地肌を出していきましょう。


この作業が1番大変なのですが映画などを観ていればあっという間に終わってしまうので結構この作業が好きだったりします。
塗装を削った木製パーツ達。


こうみるとE&L製は塗装の色が黄色系でLCT製は赤茶系の塗料だということがわかります。

さっそくオイルステインで塗装していきます。
各種オイルステインをウエス(古着の切れ端でOK)を使って塗りこんでいきます。

オイスルステインは最初に色を混ぜるのではなくウエスで薄い色→濃い色と塗りこんで色の深みを出すとそれっぽくみえます。
薄い色を大量に塗りこんだり濃い色をいきなり塗り込んだりせず少しずつ好みの色になるまで塗りこむほうが失敗が少ないと思います。


一部に濃淡を付けたい場合はその場所だけ濃いめに塗装を塗りこむと良い濃淡ができます。



好みの色になったら風通しのよい日陰で乾かします。


余談なのですがLCT製は相変わらず塗装が入りやすい木のような感じがします。
やりすぎるとすぐ茶黒くなってしまうのでやりすぎ注意。
E&L製は塗装を剥いでいる時は硬い木で塗装が入りづらそうと思ったのですが塗り始めると意外に塗装が入りやすくこちらもやりすぎ注意だと思いました。

薄くオイルステインとって少しずつ馴染ませていけばぬりすぎは防げます。

メトロ装備に合わせるAK74はさらに濃淡をはっきりさせるために「タミヤカラー ブラック」を筆でとり。


ササーっと適当に塗ります。適当に。



完全に乾く前にウエスで拭き取ります。
完全に乾いてしまっても「タミヤの薄め液」をウエスに少し取り上から拭けばOK。
拭きすぎてしまったらまたタミヤカラーを上から塗れば大丈夫です。



汚れやコゲのような跡のイメージでウェザリングしているので大胆にやるのが良いと私は思います。

完成したのがこちら。



LCT製AK74


E&L製AKM


2種類のAKも塗り方や塗装の色を変えると随分と違った印象になりますね。

友人のメトロ装備の写真をもらいました。
濃淡が良く出ていていい雰囲気!


photo by Booby

なにかの参考になると嬉しいです。
ありがとうございました。  


Posted by Ayu  at 19:23Comments(0)製作

2015年06月13日

[G&P]PEQ-2



バッテリーケースではなくレーザー&LEDライトの機能はついたもの。
ずいぶん前にS2Sというメーカーから販売されたものです。
(メーカー名が違うのは大人の事情があると聞きました)



私は実物のPEQ2を持っていないので実物との比較はできませんが
大変すばらしい出来だなと思います。

比較されている方のブログもあるので気になる方はチェックしてみてください。




こちらは友人が所持していたもので販売しようとしているところを縁あって私が買い取りました。
現在は発売終了とのことですがオークションなどで出品されているのをたまにみます。

単三電池3本を使います。


レーザーは国内出力規定内のもの。

リモートプレッシャースイッチも!


ライトは130ルーメンとのことで結構ちゃんとしていますね。


レーザー+ライトも同時に出せます。






細部もいい出来ですね。
前の持ち主が使い込んだ傷もかなりいい感じ!

スイッチの位置はこんな感じです。
ライトもレーザーも使いませんので基本的にOFFですね。


ただ電源を入れると中央が光るので夜間のサバゲーや撮影は
ライトのところにスイッチを入れてもいいと思います。




セレクターのところに青いポッチとしたものがあります。
これは出力を制限するパーツでトレーニングモードと実戦モードで切り替えることができます。

トレーニングモード

実戦モード



この写真はもはや付けていませんね。


ゲームにはまったく関係ないものですが良い出来のPEQ2が手に入って
ゲーム中のテンションもあがりますね。


長かったけどこの銃はこれで完成ですね!
今度改めてブログにてご紹介したいと思います。



それではありがとうございました。  
タグ :G&PS2SPEQ-2


Posted by Ayu  at 16:50Comments(0)その他

2015年06月05日

プレキャリリサイズ(SEMAPO GEAR製 6094A編)

今回、SEMAPO GEAR製の6094A のリサイズをしたのでブログに書きたいと思います。

なぜ6094Aなのか・・・というとこれ大きくありませんか?
細身の男性女性にはとても手が出せないぐらい・・・
簡単に解決できるレベルではないぐらいサイズが大きいです。

これをなんとか自分のサイズに合わせて着こなしてやりたい!
そう思って今回、この子を生贄に色々いじってみました。

女性装備考察その2(PMC編)にも書いたのですがプレキャリのサイズに大事なことは

・フロントパネルが大きすぎないか
・肩の調節が合っているかどうか
・ウエストが合っているかどうか

この3点が私がとても大切にしている部分です。

それを踏まえて無加工状態で写真を撮ってみました。

フロントに関してはさほど大きさを感じません。ちょうどいいぐらい。
肩周りや胸周りに大きなスペースがあいています。


ウエストもかなり緩く感じます・・・。

既存のサイズ調整幅の限界ギリギリまでサイズを合わせているのにこんな感じになっています。
加工は必須ですね。




では早速、加工していきましょう!
まずはウエスト周りを小さくしていきます。

カマーバンドはもちろん大きいのでカマーバンドのMOLLEを利用してウエスト周りに合わせます。




これは切ったり縫ったりはしていません。
既存のワイヤーをMOLLEに通して調節しています。

(実際はワイヤーを引っ張って若干のサイズ変更しかできないようです。)



本来はこんな風な調整の仕方はしないとのことですが中心がずれてしまっていても結局はプレキャリの中に入れてしまうので見た目にも使用にも違和感は感じません。

次はプレキャリ中に付属しているナイロンテープ(ウェビングテープ)の加工をしていきます。



ベルクロも短いので既存のものだとサイズ幅はあまりありません。



私のウエストに合わせるにはベルクロを縫い付けて加工する必要がありそうです。



赤丸のベルクロを一度外して場所を移動して縫い付けました。





余ったテープは織り込んでベルクロと一緒に縫い付けたのでテープ自体もかなり短くなっています。



ミシンをお持ちではない方はこの部分を織り込んで数点だけ手縫いで縫いとめるか
結束バンド(タイラップ)輪ゴムなどでサイズを調整することもできると思います。

手縫いの場合は太い針太い糸の方が縫いやすそうですね。
指に負担がかからないよう指貫などもあると便利です。

カマーバンドのサイズがちょうどよければそもそもこの部分を使わないというのもひとつの手だと思います。
(ウエストのテープはベルクロで留めてあるだけなので着脱可能です)

次は肩の部分の加工をしていきます。
私の体に合わせるとこんなにテープの部分が余ってしまいます。


10cm~15cmほどの加工が必要ですね。

というわけでリッパーを使って既存のベルクロを外します。


そのあとテープを切ってベルクロを再度縫いつけました。


左右加工すればこんな感じに。



違いは一目瞭然ですね。



ミシンのない方はやはり手縫いで数点しっかり縫い付けたり
結束バンド(タイラップ)輪ゴムなどでサイズを調整することもできると思います。



テープを切ったらきちんとライターで炙ってほつれないようにします。
燃やさないように炙るだけです。



サイズ変更はこれで完了。
・カマーバンド
・内側のベルト
・肩
の3点をサイズ変更しました。



横からみるとかなり薄い・・・・。




実際に着てみるとこんな感じ。




写真を並べるとかなりピッタリしたのがわかると思います。



せっかくなので肩パットも加工してみました。
こちらの加工もミシンを使うのですが丁寧に縫えば手縫いでも可能だと思います。



既存の肩パットは肩幅を大幅に変えてしまったのでサイズが合わず使えなくなってしまいました。
まずベルクロ真ん中のループを外します。
肩のサイズに合わせて切って布地を切って縫いつけてから外したものを再度組み合わせました。

完成したのがこちら。



かなり小さくなりましたね。
これで加工の全工程が完了しました!



今回の加工でわかったことは「リサイズした6094Aはすごい使いやすい!!!」ということ。
これは本当に使いやすい・・・。
あんなにブカブカで使いづらかったものがかなり使いやすくなり文字通り化けたと思いました。




夏はもう半そでにコレだけでいいや。という感じです。


それではありがとうございました。  


Posted by Ayu  at 22:29Comments(6)製作

2015年06月03日

US IRパッチ比較


IRパッチを購入しました。
せっかくなのでレプリカのIRパッチと比較してみました。

レプリカのは良くみるタイプのもの。
Dress&Gun
こちらのサイトでリバースとセットで1200円。




IRタイプのものではありません。
ツヤがあまりないセミマットが特徴的です。

こちらは実物。
リバースとセットで4000円ぐらいでした。



光沢があります。
つるつるとしています。
実物だからといっても上からマーカー代わりのガムテープを貼ったり
洗濯してしまうと剥がれてしまうそうなので扱いには注意が必要です。



並べるとサイズも少し違いますね。
他の会社からもパッチのレプリカは色々出ているでこの比較は一例ですが
なにかの参考になれば嬉しいです。



私はフロントの目立つところに付けるので良い買い物をしたなぁと思いました。


この前RAIDでお友達のGIGAさんが所属するNFDGさんと定例会でご一緒しました。
SEALsチームとのことでSEALsのイベントみたいな感じになっていました。


featherさんと。

身長差が悲しい感じになっていますがfeatherさんが大きいだけで私は普通サイズです。

私の友人たち2名も最近SEALs装備を始めたのですがとても楽しそうでした。



装備が揃うとやっぱりかっこいいですね。
SEALsもこれだけ集まるとすごいですね・・。



それではありがとうございます。

  


Posted by Ayu  at 20:32Comments(3)その他

2015年06月01日

愉快全快エアガンTV

ミリブロガーの「愉快全快エアガン日記」の全快娘さんがニコニコちゃんねるにて番組配信されることになりました。

その名は「愉快全快エアガンTV」

これも新しい情報提供の1つの形ですねー。
文字や写真だけでは伝わらない部分が動画で伝えられるというのは見る方も
「いい時代に・・・なったなぁ・・・」という感じです。


オープニング TPさん

この愉快全快エアガンTVに僭越ながらゲストとして参加させていただくことになりました。
第3回目となる今回は・・・・



「装備好き女子のヒ・ミ・ツ❤」

このタイトル意味深すぎますね!
私が「女子」という分類に入っても違和感がないのかいささか不安ですが女子か男子か!?と聞かれたら「女子」なのでその辺は生暖かく見守ってくださいネ!

ポロリなどはありませんが女性目線の装備について少しだけお話させてもらいました。

撮影は秋葉原で行われ、まったりとした雰囲気でリラックスして・・・・
リラックス・・・リラ・・・・ってできるかーい!

ただでさえ緊張しい&上がり症なのにあの全快さんと15分少々1対1でお話するということで私の緊張はMAXでしたヨ・・・!
ただ動画でも見て取れると思いますがまったりとした雰囲気でした!
全快さんのエスコートによりなんとかやりきることが出来ました。

恥ずかしながら「顔出し放送」させていただきました。
サバゲマンはしゃべりませんが「顔出し・・・しよっか」となぜか聞えたような気がしたので。。
動画になってよくよく見ると目とかすごい泳いでいます。

ナイロンテープ(ウェビングテープ)を「ベルクロテープ」と言っていたりテンパり具合が良くわかりますね・・・。


でも私の緊張した生の表情がみてとれてこれはこれでいいかもと思いました。



今回、お話させたいただいた内容の補足的なことをブログにまとめました。
動画と合わせてご覧いただけたらと思います。
女性の装備サイズについて(MASSIFコンシャツ編)
女性の装備サイズについて(BDUパンツ編)
プレキャリについては過去の記事にまとめてあります。
女性装備考察その2(PMC編)

装備について苦労もたくさんあるかと思いますが結束バンド(タイラップ)や輪ゴムで留めたり切ったり縫ったりなどその苦労を隠す事をすると見た目にもすごく良くなると思います。
今後もそのような情報も合わせて書いていけたらいいなと考えています。

女性の装備好きサバゲーマーはもちろんですが女性の装備を考えている男性にもお役に立てるとうれしいです。



そして「愉快全快エアガンTV」の全快娘さんはギアログにも取材にきていたり・・・・


写真 愉快全快エアガン日記


先日行われた「SOF IN NAKANO vol.38」でUOの伝道師魔肖fujiwaraさんをゲストに公開収録が行われてたと情報があるのでこれからも目が離せないコンテンツになりそうですね。


写真 愉快全快エアガン日記


それでは今日はここまで。
ありがとうございました。


  


Posted by Ayu  at 15:59Comments(0)その他

2015年06月01日

女性の装備サイズについて(BDUパンツ編)

今日はBUDパンツ(トラウザー)についてブログに書きたいと思います。

私が持っているBUDパンツは6枚。
サイズもバラバラでコレだ!というサイズを見出すまで時間がかかりました。
特に女性はウエスト周り・尻周り・股下・ズボン丈などサイズ1つとっても選ぶのが大変です。


サイズが合っているパンツだとスタイルもよく見えるしなによりなんだかちょっと格好良く見えるのでジャストサイズを所持しておきたいところ。

まずは胴周り(ウエスト)から。
私が持っているのはX-SMALLとSMALLサイズの2パターン。

X-SMALLは平置きでの採寸で約36cm
SMALLは約40cmでした。



並べた写真。
なぜ2枚も同じ迷彩で同じものを持っているかというとSMALLがどうも大きく感じて買いなおしたので
サイズ違いで2枚あります。

BDUをパンツインする場合は余裕を持ってサイズを選び
コンシャツや薄いシャツ・またはパンツインをしない場合、自分のウエストサイズに近いものを選ぶようにしています。

BDUには調節アジャスターや紐がついているので細かなウエストサイズ調節が可能になっています。

スリーカラーやウッドランドなどは少し古いBDUは

両サイドにアジャスター(片面5cmで両面で10cmぐらいの調節が可能)


新しいBDUパンツは内側に紐があり引っ張ってサイズを調節することができます。



あくまでウエストサイズの微妙な調節が可能というだけで腰周りや太ももなどのサイズが変わるわけではありません。

次に股下やズボン丈など。
私はX-SHORT・SHORT・REGULAR・LONGの4パターンを所持しています。

長さは腰から平置きで
X-SHORT約98cm
SHORT約103cm
REGULAR約106cm
LONG約111cmでした。



並べた写真。
こうやって撮ると少しづつ違いが出ているのが見て取れます。


アメリカ軍のサイズ表によると
ウエストサイズ(WAIST)
X-SMALL27インチ(58cm~69cm)
SMALL27~31インチ(69cm~79cm)


股下のサイズ(INSEAM)
X-SHORT26-1/2インチ(股下60cm~67cm)
SHORT26-1/2インチ~29-1/2インチ(股下67cm~75cm)
REGULAR29-1/2インチ~32-1/2インチ(股下75cm~83cm)  
LONG32-1/2インチ~35-1/2インチ(股下83cm~90cm)
になるそうでタグに記載されているのでチェックしてみてください。



NATOが定めたサイズによるとこのタグは6775/5869
6775は身長167cm~175cm
5869はウエスト58cm~69cmの人向けということで参考になりますね。



このサイズを参考にすれば私はX-SMALL-X-SHORT(XS-XS)がちょうどよいということです。
ただウエストや太ももなどの足の長さなどは人それぞれなのでこの表記をすべて頼りにするという買い方はおすすめできないと私は思います。

サバゲーのときに履く靴やインナーなどを実際に着こんで試着して購入する買い方が
失敗もないのでいいですね。

さて、実際に着て同じ位置から写真を撮ってみました。

まずは私のサイズがピッタリ合っている「XS-S」(X-SMALL-SHORT)


これはウエスト周りもパンツ丈もジャストサイズです。


折り返してサイズ調節をしないで穿いています。
パンツ丈が短いと銃を構えてしゃがんだり・イスに座ったりしたときに
パンツ丈が持ち上がり「靴下みえちゃう現象」が起こるので少し長めの丈が好ましいと思います。

次は「S-XS」(SMALL-X-SHORT)


これはウエスト周り・ふとももが大きく腰パン状態になるパンツ丈がX-SHORTでも
長くなってしまいます。全体的にモタついているのがわかるでしょうか・・・?
腰周りはだいぶ緩く感じます。

次は「S-R」(SMALL-REGULAR)

そして「XS-L」(X-SMALL-LONG)


やはりウエスト周りはSMALLだと少し大きくてX-SMALLだとピッタリです。

そしてパンツ丈ですがREGULARとLONG、サイズがちょうど良いようにみえませんか?
これは私が驚異的に足が長いというわけではなく、内側の紐で調節しているからです。

ちなみにLONGを無調整で穿くと・・・・。

こんなに悲しい感じになります。

内側の紐をひっぱる。


結わく。


内側に織り込む。


私はこうやって丈の長さを調節しています。
調節する際は必ず「その日使う靴を履いた状態」で行っています。

靴によってソールが厚いものや薄いものもあるのでその時に合わせています。
自分で調節が出来るので「靴下がみえちゃう現象」になりづらいかと思います。
足元で丈がもたつかないようにシャンと調節するとスタイルもよくみえます。

NATOサイズではなく私が実際に着てコスプレとしてこれだ!というサイズは
ウエスト周り「X-SMALL」丈が「REGULARまたはLONG」でサイズ調節するのが個人的には1番良さそうです。

余談なのですが靴のベロ(タン)をしまっておくと脚長効果あり!?


視覚効果だと思いますがしまうと少しだけ足が長くみえるような・・・・?
写真撮影などの際は靴のベロを確認して撮ってもよさそうですね。

それと細身の女性でどうしても太ももやふくらはぎなどがダボついてしまう方は



同色の糸を使って手縫いでたくしよせて縫うのもひとつの手かと思います。
もちろん動いたりするときに糸が千切れないように頑丈に縫うことをおすすめします。
私もこれからSサイズのものを手縫いで縫って穿きたいと思っています。

「XS-L」(X-SMALL-LONG)を穿いて装備を着込むとこんな感じです。




もちろんBDUなどにこだわらず私服を使った装備もサイズも合わせやすいのでいいですよね。




ちなみに私はサバゲーを始めたときから私服を流用しています。


こちらは私がサバゲーを始めたばかりの時の装備?の写真です。
しまむらのチノパンに家にあった適当な上着。
サイズが合っているのでこれだけでもちょっとおしゃれな感じがして私は好きでした。


それでは長くなりましたが今日はここまで。


ありがとうございました。  


Posted by Ayu  at 01:12Comments(0)女性装備考察

2015年05月27日

ギアログテトラ 参加レポート



天気予報は
だけどこの日は天気になりました!
で天気が味方してくれたのかもしれませんね。

ちなみに私は二日酔い体調不良。
ちょっと前日、楽しみではしゃいじゃったからしょうがないね・・・・。
一人で2時まで飲んでいた。


頭が痛くて頭を抱えている図。

アームズさんを含むいろいろな方にアイウェア外しの写真をお願いされたのですが
目の下クマだらけおばさん状態だったので・・申し訳ないです。

頭が痛いといいつつもおニュー靴でピカピカで浮いていたのでウェザリング。

1ゲームもすれば汚れで真っ白になるんだから別にいいのに・・・って感じですね。

さて、今回で4回目となる「ギアログテトラ
主催は東京装備BAKAのモリゾーさんとMMR-Zのみなさん。

装備好きによるサバゲーイベント。
装備も好きでサバゲーも好きという人が集うイベントです。
こういうイベントってかなり貴重ですよねぇ・・・。

この日私は「Aチーム」として陸特CSTで参加しました。


HR以来のHARUMAGEDONさんの息子さんが遊びに来てくれたのでお菓子のおすそ分け。
ご家族でな・・なんと広島からのご参加でした。
はからずもCSTっぽい状況に・・・!


友人たちと13名で参加しました。
同じくAチームはこんな感じで陸で4名。


Dチーム」のLEで6名。

同じくDチームでデルタとして2名。


いつも遊ぶメンバーの勢力が二分してしまいどう戦うか普段立てない作戦とか立てたりしました。

今回はあの!コンマガの表紙になれるタペストリーも設置されていました。

どろん&cky



Booby

狭霧

ひでろー


おなじみのブリスターパック。

Koya


それと今回も美女がきわどい衣装を着て登場。
これには男性陣の鼻の下が伸びきっていましたね!





私と写真撮った時には決して見せないKoyaさんの少し口角が上がった顔。
これはレアですよ!

みんな写真を撮る顔も笑顔!笑顔!超笑顔!!
もちろん私も撮ってもらったんですが・・・

見よ、この思春期男子みたいな感じの手の位置(笑)

美女たちはコスプレイヤーだそうで写真撮影のポージングがしなやか!
シャッターのたびしなやかにポージングするものだから思わず見入っちゃいました。


友人たちからちょっとココで真似してみ?といわれたので見よう見まねで・・・。

・・・なぜかユンボの前で・・・・
どうかしら?キマッる?

それと女性陣と写真撮影をしました。
お声がけしていただいたアームズさんありがとうございます。

写真提供Militaryblog
もっと色々お話したかったなあと今になって後悔しています。
次回ご参加される際はぜひお話したいです。


今回は敵チームだったAsamiちゃんと。

そしてゲームなのですが初戦の
Aチーム(MARSOC・USMC・US ARMY GB+US ARMY CST・US ARMY)との対戦相手は
Bチーム(NAVY SEALs・PROJECT HONOR・DEFCON・USAF)


きっと強いであろうといわれていたDチームと当たらないチームなので
キルカウントを稼ぐのは私たちAチームとCチームの手にかかってます。

なんとかキル数を稼ぐべく友人たちとダッシュで砦付近まで取る作戦を立てました。
そこからジワジワラインをあげたいと思っていたのですがこの作戦にODAの方が乗ってくださり
「一緒に走りましょう!」と声をかけてくださいました。
数多く攻めれば勝機が一段と上がるので大変心強かったです。


走る!

走る!!

(ちなみにまだ二日酔いで頭がとても痛い状態)

みんなでジワジワと攻め終始、敵陣付近で戦うことができました。


そして次はあのDチーム。(LE・DELTA/CAG・US ARMY 75RANGER)
事前にCチーム(RUSSIA・NO NAME・EURO・NO NAME・ギアログチーム)との戦いをみていたのですが本当に「やばい

一度押し込まれてしまうと覆すのはなかなか難しい・・・。
押し込むまでも早かった・・・それもそのはず・・。



走る人数がすごい・・。
ダークホースのLEだけじゃなくRANGERとDELTAも走る動く走る。
少し前に載せたAチームの写真と見比べてもすごい人数差がみてとれます。

Dチーム相手に押し込むのは絶対に無理なので一直線のライン(オレンジライン)を決めてそこを防衛するという形で友人たちと作戦を組みました。


押し込まれたら最後、リスキル地獄と化してしまうので15分耐えつつ敵のキルカウントを稼ぐというもの。LE勢に身内が多いので右半分のバリケエリアに走ってくるのは確実です。

初戦に一緒に走ってくれた特殊の方々と友人・私たちがDチームより先に砦より奥に取り付くとして
CQBエリアは誰がいくの・・・?状態でして。
(ここを取らないと砦の方が全滅してしまいます)

そのときふと「海兵隊」の人たちの人数と統制の取れた動きに
「この人たちに話をしてみたらどうだろうか?」とのことで関東海兵隊連合の一員であり
我がチームのメンバーであるBoobyに話をしてもらいました。


そしてさっそくその結果なのですが15分間のゲームで12分オレンジラインの防衛に成功!
航空支援で決壊してしまったのですがそれでも大健闘だったと思います。
ほとんどリスキル地獄になりませんでした。
ヘスコ側にはMARSOCの方々がついていたそうでこのバランスが良かったのかもしれませんね。


そしてこと海兵隊の人たち、本当に素晴らしいと思いました!
撃たれてカウンター回しに来るとき「急げ!急いで戻れ!」と必死にCQBエリアの防衛を行っていて
見えずらいCQBエリアにハンドガンで果敢に突入していたとのことで

LEから海兵隊の人たちがどんどん来るからなかなか落とせなくて大変だった。
という声をききました。

もちろん他の隊の方も必死に戦っていたのですがあまりにも血気盛んな海兵隊員の姿に
すごい感動してしまいました。



HRでリエナクトをしていた海兵隊を目したことがあるのですが
ゲームもこなせるとは素晴らしいですよね。作戦に乗ってくださりありがとうございました。

私達は普段こんな感じの作戦とか立てたことがなかったのですが
どーする!?やばいよ!やばいよ!!と色々考えるのも新鮮で楽しかったです。

昼食後はお楽しみの撮影会。


相変わらずの紳士のtaroybmxさん


実は嬉しい?共通点があったKOTTAさん


写真提供remnants of RAPTOR
3人の共通点は「お裁縫
実はミシン仲間。XA4さんとFIREBALLさん


ODAの人たちと。
HRやピースメーカー貸切でお会いした以来です。
サバゲー中も知っている方がいらっしゃると心強かった~・・・。
終始楽しくサバゲーができました。


ODA+MARSOC+CST

LE




取材で飛び回っていた全快娘さん
友人も取材を受けていました!私も装備のコーディネートについて少しお話をしました。
愉快全快エアガンTV


今回から始まった「5on5」というゲーム。
受付時にゲーム参加の有無を聞いて参加者の中で自由に5人組んで勝ち抜き戦を行うというもの。
友人たちが5名1組で参加しました。


結果・・・・7組勝ち抜きの優 勝!



勝利のギアログパッチ!おめでとう!
このゲーム大変盛り上がっていましたね。次回もやらないかなぁ~!

四つ巴戦が最終ゲーム(30分)!
4つのチームで戦います。
私は燃え尽きてしまい30分ゲームに参加できなそうなので上から見物。

このゲーム圧勝のDチーム以外が共闘して1位から引きずり落とされるという結果になってしまいました!優勝はBチーム!
ふと上から見て思ったのですがAチームはDチームと共闘すれば2位に浮上してた可能性があったのでは・・と。今思えばそんなシナリオも面白そうですよね。

ただ圧勝だったDチームが優勝できないというのは少しかわいそうな気がしてしまいますね・・・。
共闘も含めてBチームの作戦勝ちということですね。


ギアログは次回で「ファイナル
次回も参加したいな~・・・。
ゲームも撮影もお話しも本当に楽しかった~・・・!!!

今でも余韻で一杯飲めそうですよ(また飲むんかい)


ギアログブランドのテトラTシャツもGETしました!
会場限定とか買うしかない!

主催の皆様、本当にありがとうございました!
1日素晴らしい時間を過ごせました。

それでは長くなってしまいましたが今日はこれで。
ありがとうございました。




あっ・・・そうそう・・5月とはいえ日差しも気温も高く熱中症に似た症状になった人がいました。
(初期状態なので水分補給などで治りました。)

もうそんな季節なんですね。
この時期にサバゲーをされる方は熱中症に注意してくださいね。

ギアログでもそうでしたがフィールドの自販機のスポーツドリンクや水が
売り切れになることもしばしばあります。

熱中症対策にはスポーツドリンクなどがいいそうなので持参するのもいいかもしれませんね。
私もこれからは塩タブとスポーツドリンクを持参して行こうかと思いました。  


Posted by Ayu  at 05:16Comments(3)

2015年04月25日

女性の装備サイズについて(MASSIFコンシャツ編)

女性サバゲーマーにとって切っても切れないのが「サイズの悩み」
最近は女性用のBDUやチェストリグなどがありその種類も増えてきていますが
手持ちの装備や実物のBDUなどをかっこよく着こなしたいという声をよく聞きます。

今日は私がやっている装備のサイズ調整についてブログを書きたいと思います。

さて、ブログでもたびたび出てくる「CST」という文字。
そのCSTにとって大事な装備の1つが「MASSIF製の(マッシフ)コンシャツ(コンバットシャツ)」



CSTは着ている方がとても多いです。

アメリカ陸軍納入品なのですが価格もさほど高くなく
サイズはXS~XLまでとサイズ展開が幅広で
通気性や伸縮性にすぐれていて汗も吸収してくれるので着心地もかなり良いです。

CST装備でなくてもマルチカム装備をされている方でも
1着持っていてもいいのではないかな~と思う一品。

私は1番小さいサイズXSを購入しました。



身長160cmぐらいの私には腕の長さがちょうどいいです。
袖口にベルクロがついているのでたくし上げれば長さを調節できます。

腕の太さも違和感ないと思います。(このポーズだと大きくみえますが)


この前これを着て着心地の良さにうっとりしていたのですがココ・・
コココココ・・・このウエスト部分。


写真だとわかりづらいですがすっごいモッタリしています。
お腹に浮き輪を乗せてるみたい。

それもそのはず・・・



このコンシャツ「着丈」がすごい長い!!!
この余った部分がすべてBDUパンツ中に入るのですごいもたつくんです。

これでは女子力も低下してしまいますね・・
着丈が長くてトイレも大変。。
綺麗に折ってお腹にしまったりいろいろ試したのですがいい方法がみつかりません。

同じものを着ていた女性も同じことを言っていたのでやっぱり長いのだと思います。

ウエストに余裕のあるパンツで着たのですが今度はパンツが大きすぎてちょっと違うかな~・・という感じ。
(パンツのサイズについても今度ブログに書きたいと思います)


色々考えた結果・・・切るのが1番良いと判断し切ることにしました。



チャコペン物差し
縫い代の分も計算してマーキングします。



ばっさり切って



ミシンで縫います。
この生地は伸びる生地なので「絶対に伸ばさないようしながら縫います。



1周縫って完成。
ミシンがない方も多いと思いますが
最近は女性のミリタリーテイラーさんもいらっしゃるので1度相談されると良いと思います。
もちろんファッションモールなどによくある「お洋服のお直し屋さん」に持って行っても
サイズ調整をしてくれると思います。


お腹にしまうのであればほつれない加工や手縫いでミシンがなくともできるのではないでしょうか。
たとえばほつれ止めで有名な「ピケ」などもあります。


自分で使って検証をしていないのでしっかり出来上がるのか不明ですがこういう商品もあります。

完成したものを実際に着るとこんな感じ。


かなり切りました~・・・。



ウエスト周りもすごいすっきり。
写真だとちょっと良くわからないですがもったり感がなくなり
個人的に「すごいすっきりだ!!!」と感じております。

そういえばBDUも腕の長さは良くても着丈がすごい長いですよね。。。
次回のブログはBDUの上着の長さ調節の話を書けたらいいなと思っています。


なにかの参考になるとうれしいです。


それではご覧いただきありがとうございました。

  


Posted by Ayu  at 22:53Comments(3)製作女性装備考察

2015年04月22日

PEACE MAKER GAME(inRAID)



PEACE MAKERさんの貸切に初めて参加しました。
知人で参加経験のある人が「とても楽しい貸切でしたよ」と話していて参加してみたいと
兼ねてから思っていました。

ギアログ3にてmorizoさん
PEACE MAKERさんのFUKAさんを紹介していただき今回の貸切参加が実現しました。
参加できてすごいうれしかった~。

HR(ハートロック)でお世話になった方々も数多く参加されていて
HR以来またはギアログ3以来の再会する方もいらしたのでお話に花が咲きました。







みなさん気さくに話しかけてくださって嬉しかったです。
貴重なお話が聞けたり久々にお会いした方と色々話せたりして充実した日になりました。



陸特装備による貴重な1枚。

私は今回はCSTで参加しました。
MBAVを購入して数ヶ月経ちますが装備の肉付けに時間がかかり初!



まだまだ揃えたいものはあるのですが基本的なものは揃い
CSTのプレキャリとして装備してもいいかな?と思い今回はこちらで。
(私のCST装備についてはまた後日ブログでご紹介します)


だけど1番の理由は・・・・・・



へへ・・・・
CST仲間ができました!

彼女は私のブログからCSTを目指してくれたとのことで・・・。
めっっっちゃ嬉しかった・・・・・・!!

夢の・・・・・2人1組!!
この日初めてお会いして初めてCST合わせをしたのですが最近集めたとは思えないほど
かっこいい仕上がりになっておりました。

初めて会ったとは思えぬほど話も弾みまたCST合わせする日が楽しみ。



BDUとMASSIFのシャツと装備もお揃いなのですごいペア感ありますよね!
実は帽子やパッチなどの小物もお揃い!
私は帽子が似合わないので装備の飾りになっていますが・・。



某ミリフォトの再現をしたり・・・・



作戦会議をしたり・・・
(実は前回使ったHRの地図を見て2人でニヤニヤ話をしていた)



CSTは笑顔の写真がとても多いので「笑顔」を心がけているのですが
この日は自然と顔が笑顔になりました。(笑顔というかにやけ顔?

装備仲間ができるのは本当に嬉しいものです。
引き合わせてくれたGIGAさんにも感謝!


ゲームの内容は殲滅戦がメイン。
ゲーム数がとても多いのでサバゲーも楽しかったです。
















楽しい1日をありがとうございました。
それでは。  


Posted by Ayu  at 16:30Comments(0)参加レポート

2015年04月20日

LEvsPE レポート!



こちらも遅れましたが先日行われた「LEvsPE」の参加レポート。

詳しくはLEvsPEイベントゲームについて。

LE・・・Law Enforcement(法執行機関)
PE・・・Public Enemies(公共の敵)

それぞれのドレスコードで分かれて行われるイベントです。

LE装備がかなり熱い!今日この頃ですが映画や動画でたびたび目にする私服警官や
完全に戦いにきた強そうな警官装備の方々も多く見られるイベントでしたが




フィールドの定例会だとあまりみられない「制服警官」の姿も多く見受けられました。





私はLE側DEAで参加。



映画「SABOTAGE」のリジーさん(下の画像)を少しだけ意識した装備です。
最近DVD発売されましたね。
私は映画を観に行く時間がなくDVDを購入して最近観ました。



映画を観ていない私があの装備に惚れて「リジーさんの装備したいんだよね」と周りに話すと
映画を観た人は「えっ・・・あぁ・・映画観てないんですよね。重要人物ですよ。彼女は・・・」と
みな目は合わさず口を揃えて言う・・・。

なるほど・・・確かにすごい

ネタばれなどはしませんので映画をまだ観ていない人はチェックしてみてください。

映画公開前にいくつか画像が上がっていて彼女が装備しているプレキャリはチェック済みでした。

FIRST SPEAR(ファーストスピア)から出ている
Strandhogg SAPI Cut Plate Carrier(ストランドホッグSAPIプレートキャリア)。
サイズ展開はS~XLまで。
カラーはBlack・Ranger Green・Coyote・Multicamの4色。

リジーさんはRanger Green着用ですね。


映画公開前の写真だと光の加減でCoyoteに見えなくもなかったのですが
こうやって正面からみるとRanger Greenですね~。


このプレキャリのSサイズの試着させてもらったことがあるんですが。
・・・すごい・・・・!!!ものすごいフィット感!!
肩幅やウエスト周りなど画像だけだとサイズ幅があまりなさそうで心配だったのですが
問題なくクリアでした。そして軽い。

リジーさんの体のサイズには少し大きい気がしますね・・。
カマーバンドを外して装備している点をみてもMサイズなのかもしれませんね。

ちょっと揃えるにはそれなりの覚悟がいるのでホイホイこの沼に浸れませんが
プレキャリのフィット感は癖になりそう・・・。

話がだいぶ脱線してしまいましたが私にはとってはこの装備責めるか否か・・
などなどいろいろ考えさせられるイベントになりました。

そして今回のイベントのもうひとつのドレスコード!
極悪非道!PE軍団






もちろん心はみんなピュアですよ。



PE装備の方たちは悪~い感じの私服を身にまとったり
映画「Heat」やゲーム「PAYDAY」に出てきそうなスーツ軍団。
オレンジのつなぎの囚人装備もかなり目立っていましたね。



装備はもちろんですが、みなさんの小物の演出もかなりすごかったです。
私はアメリカで実際に使用できる「プリペイド式携帯電話」をジッパーつきのビニールに入れて
なんちゃって押収品として持参したのですが・・・・




あとみんな砂糖持ってましたね。


第二回も開催されるそうなので次回も楽しみですね。



それではまた。
ご覧いただきありがとうございました。


それにしても制服警官のドーナツ率はんぱなかったですね。
近くのコンビニはドーナツが早々に売り切れたとかなんとか・・・・。(マジ

私ももちろん前日にミスドで購入してコーヒーと一緒にいただきました。
  


Posted by Ayu  at 00:51Comments(2)参加レポート