2012年04月17日

【初心者の工作】ARES製PPsh-41ストック塗装

早速購入したPPshを塗装していきたいと思います。

まずは40番のヤスリで塗装を剥がして色白にしていきます。
塗装が分厚いのでこれが剥がすのが大変でした。
映画を観ながらシャカシャカ削っていきます。




さぁ!早速塗装開始だ!
と思ったのですが立て続けの塗装によりチークカラーがなくなっていたので早速買出しへ。
前にフィールドで一緒になった方に
いい塗装方法を教えてもらったのでそっちの材料を購入しようと思ったのですが・・・・



ステインコーナーの縮小のため半額セールでワゴンに入っていたので
現在使っている4種類の塗装すべて買ってきました。
1本250円とは・・実にお安い・・・。

これが無くなったら新しい塗装方法でチャレンジしたいと思います!

塗装開始!!



・・・しようと思ったのですが壁にぶち当たりました。

参考画像



よく見ると黒くなっている部分があり
それを塗装で再現しようと思ったのですが・・・



持っている塗装だと再現できません。
もっと濃い塗装を購入すべきか・・・と悩んだのですが
手元にあったターボライターが目に飛び込んできました。

・・・これで焼いてしまえばいいんじゃないか・・・・

いい色にならなかったら?
失敗したら?
・・・火事になったら?(濡れタオルと水は用意しましたが)
と不安がよぎりましたが・・・・・

女は度胸!いざ!!!

黒くしたい部分に焼きを入れていきます。
ライターで焼きを入れるのが少し大変でした。
小さいバーナーとかがあったらいいかもしれませんね。

焼きを入れたら塗装再開。



乾かし途中の画像なのですがいい感じの色になってくれました!
初めての焼入れは成功です。
黒い部分が表現できました。

乾いたらドライバーでウェザリング。
ぼこぼこ穴を空けたり傷をつけたりします。


その後、ステインをもう1度塗って
ニスを1度だけ塗っていきました。



乾かしている間もそわそわしていましたが
ここで触ってしまったら台無しになってしまうのでじっと我慢。




完全に乾いたら1000番のやすりで優しく削っていきます。
ムラや独特のツルツル感を1000番やすりでカバーしていきます。



最後に家具用ワックスで磨き上げてみました。




!完成!




おおおお!
妄想した色になってくれました。
ウェザリング具合もいい感じです。



焼き入れした部分はこんな感じに仕上がっています。



早速組んでみました。





個人的には満足した結果になりました!

鉄部分も400番のやすりでウェザリングしてみました。




染めではないのでスポンジヤスリで・・・というわけにはいかず
紙やすりでゴリゴリ削りました。

色ムラがありそこをやすると塗装がぽろぽろと剥がれて
中から錆がお目見えしました。

本来はもっと削りたいのですが
黒かシルバーにしかならないので(染め独特の中間色にならない)
これくらいにしておきました。

これでPPshの工作は終了。
ソ連装備が揃ったらさっそく使いたいと思います。

塗装済みのPPshを持ったソ連女兵士がいたら
もしかしたら私かもしれません。
その時は是非声を掛けてくださいね。








同じカテゴリー(製作)の記事画像
終末装備サバゲー 装備紹介
AK 木製パーツ塗装(E&L製・LCT製)
プレキャリリサイズ(SEMAPO GEAR製 6094A編)
女性の装備サイズについて(MASSIFコンシャツ編)
円盤アクリルプレート!
ANAコマパッチ加工
同じカテゴリー(製作)の記事
 終末装備サバゲー 装備紹介 (2016-09-02 02:16)
 AK 木製パーツ塗装(E&L製・LCT製) (2015-06-14 19:23)
 プレキャリリサイズ(SEMAPO GEAR製 6094A編) (2015-06-05 22:29)
 女性の装備サイズについて(MASSIFコンシャツ編) (2015-04-25 22:53)
 円盤アクリルプレート! (2015-04-17 22:34)
 ANAコマパッチ加工 (2015-02-19 19:02)

Posted by Ayu  at 00:00 │Comments(21)製作

この記事へのコメント
相変わらずお見事!(・∀・)
実際ww2やベトナム戦争でも女性兵士・ゲリラが持ってる写真が存在するんですから違和感ありませんね。AK同様、使いこなしてください。
Posted by やまさん at 2012年04月17日 00:23
始めまして♪。

ウェザリングに、市販のワイヤーブラシもおすすめですよ。
隙間等にも入るので、なかなか自然な感じで出来ます♪

知ってたら失礼しました。
Posted by 播磨の、信太郎播磨の、信太郎 at 2012年04月17日 00:49
はじめましてです。中々ステキな仕上がりですね☆
木ストの使い倒した感じ出すに、自分はコンクリートブロックにこすりつけたりします(笑)
ミリブロの・米軍基地外・さんの・電撃強襲日和・に自分のAK画像あるので笑ってやって下さい(笑)
Posted by 深ざー興業 at 2012年04月17日 01:31
やまさん。

コメントありがとうございます。
一生添い遂げようと思います!!


播磨の、信太郎さん。

ワイアーブラシ!!
いい情報ありがとうございます!
紙やすりでのウェザリングだとどうもしっくりこなかったのですが
ワイヤーブラシなら隙間に入ってよさそうですね!
さっそく試してみます!!!
いい情報ありがとうございます~


深ざー興業

拝見しました!
「ちょ・・スコ・・ップ・・」ってなりました!w
あのAKの画像しばらく携帯の待ち受けになってました!
素晴らしいですね!

私もコンクリにガリガリしようと考えたのですが
深夜にいい歳した女がよく分からない木片を
ガリガリしていたら通報されるんじゃないかと思い
ドライバーで妥協してしまいました・・・。
やればよかったかなぁ・・w
Posted by Ayu at 2012年04月18日 02:22
上手いですね。

自分も以前PPsh41にウッド加工を施しましたが確かにヤスるのにかなり苦労した記憶があります。

それにしても初心者とは思えない出来ですね。
火で炙るというのは実用的だと思います。自分もよく使います。
実際AKのハンドガードとか焦げてますからね。


これを機に自分のPPshも再加工してみようと思います。
Posted by BOMs W.jp at 2012年04月19日 00:36
BOMsさん。

ありがとうございます!
嬉しいです!
妄想9割で仕上げたのでこれで変じゃないだろうか・・と
しばらく悩んでいました。

焼き入れいいですね!
私も次回から積極的に入れていきたいと思ってます。

PPsh、再加工楽しみにしてます!
Posted by Ayu at 2012年04月19日 22:37
はじめまして!

ヤキ入れとは恐れ入りました!!

色々と参考になります!!
Posted by イワン・サノバビッチ at 2012年04月23日 17:57
http://blogs.yahoo.co.jp/airgun3jp/53242498.html
僕も「Tru Oil」トゥルーオイルなる塗料で塗装していました。
サバゲーで使っては重ね塗りして拭き取って感じを出しています。
これだけでも結構いい出来にはなりますが、表面を焼くという方法もあったんですね。
Posted by 鉄砲蔵 at 2012年04月26日 23:02
鉄砲蔵さん。

メンテを含めて使っては塗る・・っていう方法も
いいですよね!

表面を焼くのはかなりよかったです。
失敗しなくてホッとしています!
Posted by Ayu at 2012年05月14日 11:50
初めまして私関西でソ連装備やっているルネンと申します。
グーグルでppsh ウェザリングで検索したらAyuさんのブログがヒットしまして
ウェザリングの仕方大変参考になりましたm(_ _)m
おかげでテラテラニスのppshがいい感じになりました
Posted by ルネン at 2013年03月28日 18:51
ルネンさん。

はじめまして。
コメントありがとうございます!

とても嬉しいです。
自分で手を加えた1丁はなんともいえない愛らしさが
芽生えますよね。

お互いいい1丁にしていきましょう!
Posted by Ayu at 2013年04月02日 22:53
はじめまして。

拝見させて頂きました。
もうパッと見、本物のPPSH41ですね☆

細かな説明、写真、大変、参考になりました。

私も以前からロシアの銃が好きでAK、クリンコフ、RPKなど収集してまいりましたが、こちらAyuさんのページにて勇気いただき最近、品薄ではありましたがアレスのppsh購入。毎日、眺めながらどうゆう色にしようか?悩んでおります^^

やはり焦げは良いですよね!
Posted by シュパーギン1941 at 2013年06月20日 08:55
はじめまして。
書き込みありがとうございます。

とても嬉しいコメントで励みになります。

アレスPPshご購入おめでとうございます!
何色にしようか、どうしようか・・考えてるときって
とても楽しいですよね!

仕上がりを楽しみにしています。
Posted by Ayu at 2013年06月21日 15:39
塗装の仕方を書いてくださってありがとうございます。

PPshとはいい趣味を持たれてると思います。

本物ぽく仕上がってますね。

ライターで焼く思い切りも素晴らしい(^^;
Posted by Toshizo at 2016年01月31日 08:09
これはマホガニーで縫ったのですか?それともチーク?

自分もこの色を出してみたいです。
Posted by Toshizo at 2016年01月31日 11:50
Ayuさんが載せてくれたおかげですごく参考になりました。
BARに挑戦しています。
ありがとうございました。
Posted by Toshizo at 2016年02月05日 05:41
Toshizo さん

カラーはマホガニー・チーク・ケヤキ・メープル・チェスナットを使っています。
それらのオイルステインを自分好みの色になるまでウエスで塗りこんでいます。
濃い色塗りこんで乾かして薄い色を入れております。

参考になれば嬉しいです。
BARの塗装頑張ってください。
Posted by AyuAyu at 2016年02月27日 02:27
AyuさんのPPshは本当にいい色合いですね。
素晴らしいです。

濃い色からの方が良いですか?
今まで自分もワトコオイルで同じ方法だったので逆にしようかと思ってましたが止めた方がいいかな(^^;)

それとAyuさんの塗装したストックを乾かすのに針金で固定する写真はとても参考になりました。

他のグリップ等で練習して、やっとBARの塗装に入ります。
でも本当は近くにAyuさんがいたらお願したいくらいですよ(笑)
Posted by Toshizo at 2016年04月07日 22:32
Toshizoさん。

コメントありがとうございます。
濃い色から乗せているのはオイルステインを塗っては拭いての繰り返しなので濃くしたい部分に先に乗せるとその部分がいい具合に濃く発色?してくれるからです。

塗装は友人知人までお受けしているのですが素人なので毎度緊張します・・
Posted by AyuAyu at 2016年04月08日 23:24
おひさです。

壁にぶちあたってまた質問させていただきます。すいません。

1000番やすりで仕上げしたときは光沢が落ちますか?
そのあと家具用ワックスをかけるのは艶出しのためですか?

実はトゥルーオイルで仕上げて調子づいて重ね塗りしたら光沢が出すぎてしまい1000番やすりでみがいたら落ち着くかなと思いまして。

経験豊かなAyuさんにご教授いただけれありがたいです。
Posted by Toshizo at 2016年08月08日 03:57
Toshizo さん

お返事遅くなりごめんなさい。

1000番ほどのやすりでしたら光沢は少し落ちるかな?程度でした。
数種類の紙やすりを用意して徐々に目の粗いものを使っていけば好みの光沢に近づくかもしれません。

家具用ワックスは艶出しのためです。
今になってみればこれは必要なかったかな・・とも思います。

私も手探りなのですがお互い良い塗装をしたいですね。
Posted by Ayu at 2016年09月02日 01:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。