2015年06月05日

プレキャリリサイズ(SEMAPO GEAR製 6094A編)

今回、SEMAPO GEAR製の6094A のリサイズをしたのでブログに書きたいと思います。

なぜ6094Aなのか・・・というとこれ大きくありませんか?
細身の男性女性にはとても手が出せないぐらい・・・
簡単に解決できるレベルではないぐらいサイズが大きいです。

これをなんとか自分のサイズに合わせて着こなしてやりたい!
そう思って今回、この子を生贄に色々いじってみました。

女性装備考察その2(PMC編)にも書いたのですがプレキャリのサイズに大事なことは

・フロントパネルが大きすぎないか
・肩の調節が合っているかどうか
・ウエストが合っているかどうか

この3点が私がとても大切にしている部分です。

それを踏まえて無加工状態で写真を撮ってみました。

フロントに関してはさほど大きさを感じません。ちょうどいいぐらい。
肩周りや胸周りに大きなスペースがあいています。


ウエストもかなり緩く感じます・・・。

既存のサイズ調整幅の限界ギリギリまでサイズを合わせているのにこんな感じになっています。
加工は必須ですね。




では早速、加工していきましょう!
まずはウエスト周りを小さくしていきます。

カマーバンドはもちろん大きいのでカマーバンドのMOLLEを利用してウエスト周りに合わせます。




これは切ったり縫ったりはしていません。
既存のワイヤーをMOLLEに通して調節しています。

(実際はワイヤーを引っ張って若干のサイズ変更しかできないようです。)



本来はこんな風な調整の仕方はしないとのことですが中心がずれてしまっていても結局はプレキャリの中に入れてしまうので見た目にも使用にも違和感は感じません。

次はプレキャリ中に付属しているナイロンテープ(ウェビングテープ)の加工をしていきます。



ベルクロも短いので既存のものだとサイズ幅はあまりありません。



私のウエストに合わせるにはベルクロを縫い付けて加工する必要がありそうです。



赤丸のベルクロを一度外して場所を移動して縫い付けました。





余ったテープは織り込んでベルクロと一緒に縫い付けたのでテープ自体もかなり短くなっています。



ミシンをお持ちではない方はこの部分を織り込んで数点だけ手縫いで縫いとめるか
結束バンド(タイラップ)輪ゴムなどでサイズを調整することもできると思います。

手縫いの場合は太い針太い糸の方が縫いやすそうですね。
指に負担がかからないよう指貫などもあると便利です。

カマーバンドのサイズがちょうどよければそもそもこの部分を使わないというのもひとつの手だと思います。
(ウエストのテープはベルクロで留めてあるだけなので着脱可能です)

次は肩の部分の加工をしていきます。
私の体に合わせるとこんなにテープの部分が余ってしまいます。


10cm~15cmほどの加工が必要ですね。

というわけでリッパーを使って既存のベルクロを外します。


そのあとテープを切ってベルクロを再度縫いつけました。


左右加工すればこんな感じに。



違いは一目瞭然ですね。



ミシンのない方はやはり手縫いで数点しっかり縫い付けたり
結束バンド(タイラップ)輪ゴムなどでサイズを調整することもできると思います。



テープを切ったらきちんとライターで炙ってほつれないようにします。
燃やさないように炙るだけです。



サイズ変更はこれで完了。
・カマーバンド
・内側のベルト
・肩
の3点をサイズ変更しました。



横からみるとかなり薄い・・・・。




実際に着てみるとこんな感じ。




写真を並べるとかなりピッタリしたのがわかると思います。



せっかくなので肩パットも加工してみました。
こちらの加工もミシンを使うのですが丁寧に縫えば手縫いでも可能だと思います。



既存の肩パットは肩幅を大幅に変えてしまったのでサイズが合わず使えなくなってしまいました。
まずベルクロ真ん中のループを外します。
肩のサイズに合わせて切って布地を切って縫いつけてから外したものを再度組み合わせました。

完成したのがこちら。



かなり小さくなりましたね。
これで加工の全工程が完了しました!



今回の加工でわかったことは「リサイズした6094Aはすごい使いやすい!!!」ということ。
これは本当に使いやすい・・・。
あんなにブカブカで使いづらかったものがかなり使いやすくなり文字通り化けたと思いました。




夏はもう半そでにコレだけでいいや。という感じです。


それではありがとうございました。






同じカテゴリー(製作)の記事画像
終末装備サバゲー 装備紹介
AK 木製パーツ塗装(E&L製・LCT製)
女性の装備サイズについて(MASSIFコンシャツ編)
円盤アクリルプレート!
ANAコマパッチ加工
CSTとANAコマパッチ
同じカテゴリー(製作)の記事
 終末装備サバゲー 装備紹介 (2016-09-02 02:16)
 AK 木製パーツ塗装(E&L製・LCT製) (2015-06-14 19:23)
 女性の装備サイズについて(MASSIFコンシャツ編) (2015-04-25 22:53)
 円盤アクリルプレート! (2015-04-17 22:34)
 ANAコマパッチ加工 (2015-02-19 19:02)
 CSTとANAコマパッチ (2015-02-15 20:03)

Posted by Ayu  at 22:29 │Comments(6)製作

この記事へのコメント
はじめまして。とってもイイ感じですね、参考になります。
Posted by たま at 2015年06月05日 22:51
たまさん

コメントありがとうございます。
ご参考になり嬉しいです!
Posted by Ayu at 2015年06月09日 18:27
たまさん

コメントありがとうございます。
ご参考になり嬉しいです!
Posted by Ayu at 2015年06月09日 18:28
はじめまして。
Flyye製ですがLT6094の購入を考えていたのでとても参考になりました。
画像だけでも装着感が断然よくなった感じが伝わってきます!

1点気になる点があるのですが、
肩の調整部分はベルクロになっていると思いますが、
ゲーム中に外れてしまいそうな感じはしますでしょうか?
Posted by drop at 2015年06月10日 19:00
はじめまして。
SEMAPO製って結構なお値段しますよね?
初心者ということもあり敷居の高さを感じます。
もちろんうらやましいという気持ちもあります!

やはり安価なレプリカより実物生地のベストのほうがいいのでしょうか?
なぜ安価なレプリカではなくSEMAPO製のものを選んだのか教えて頂きたいです。
Posted by ミチマル at 2015年06月13日 02:51
dorpさん

コメントありがとうございます。
横から撮った写真をみていただくと肩周りの調節はベルクロだけではなくバックルのようなもので調節が出来るようになっています。
それがある限り外れたりはしません。

肩周りがベルクロだけで出来ているプレキャリも持っていますが今のところベルクロ外れるということはありませでした。
参考になると嬉しいです。

ミチマルさん。

コメントありがとうございます。
安価なプレキャリがダメだとは思いませんし各社それぞれ鎬を削って素晴らしいものを出しているので選択肢も広がりいい時代だなと思います。 ただやはり1万円を切るレプリカは色合いが違っていたりするので個人的に満足出来ないのが現状ですね。
ですが汚したり上からスプレー塗装で誤魔化したり手を加えればかなりいい感じになると思うので頑張ってみるのも手ですね。

LBTの6094Aと比較したことないので分かりませんが実生地仕様は良いそうですよ。実際にこれを装備していたら「実物ですか?」と数名に聞かれたので出来も良いのだと思います。
参考になれば嬉しいです。
Posted by AyuAyu at 2015年06月13日 16:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。